確定申告は税理士に任せる

確定申告は税理士に任せる

確定申告を効率化する方法

年に1度の確定申告はフリーランスにとって気の重い時期です。自分でやりたくない事務作業に時間を使うのか、効率化して作った時間を別の生産活動に費やすのかの判断で迷うところかもしれません。
法人の場合はそのほとんどが税理士や会計事務所に外注している税金の処理も、フリーランスとなると外注にはためらってしまうものです。フリーランスが確定申告の外注をためらう理由は、コストの問題です。外注は高いと考えていることが多く、税理士に依頼するとどのぐらいのコストがかかるかを知りません。そこで、フリーランスが税理士に依頼するとどのぐらいの料金がかかるのかの目安をご紹介します。

大まかな目安は10万円

税理士の料金は一律ではなく、依頼者の年商によって料金が変動するのが一般的です。年商1,000万円なら訪問付きで月額3万円、訪問なしなら1万円程度の料金で記帳代行まで依頼できる場合もあります。確定申告となると月の料金とは別の特別料金がかかる仕組みで、3万円から20万円ぐらいが相場となっています。
フリーランスの場合、帳簿ができているなら数万円程度で確定申告を、仕訳が必要なら10万円程度が大まかな目安です。全ての事務処理を税理士にお願いするとすれば、20万円程度のコストがかかると考えておきましょう。フリーランスが税理士と顧問契約を結ぶとしたら、年間30万円から50万円程度のコストがかかることになるでしょう。
気をつけたいポイントとしては、税理士によっては確定申告のみの依頼を受けない場合があるということです。確定申告のみだけを希望する場合は青色申告会をすすめられることが多いようです。

税理士に依頼するメリット

確定申告に関しては、関連のソフトがかなり使いやすくなっていることもあり、帳簿づけや仕訳ができている状態で税理士に確定申告を依頼するメリットはあまりありません。しかし、税金の専門家に直接相談できる安心感は捨てがたいメリットです。自己流で調べて仕訳ているものの、それが正しいのかどうかもよくわからないままだと不安になります。
節税対策をしたくても、どこからどこまでが経費として認められるのか、自分で判断しかねる部分も少なくありません。税理士ならば、豊富な専門知識を駆使して経理の状況を最適化してくれるので、自己流に自信がない人なら依頼したほうが安心かもしれません。
また、最近は多くの税理士事務所がコンサル的なサービスまで提供しているので、今後のビジネス拡大を考えているならば、早い段階で依頼するのもいいでしょう。

特集

  • コワーキングスペースの活用を
  • フリーランスの強い味方「エージェント」
  • 事務処理におすすめのツール