仕事を依頼されやすい人の4つの特徴

仕事を依頼されやすい人の4つの特徴

レスポンスの早い人

フリーランスの仕事を効率化したいなら、依頼しやすい人になることがポイントです。クライアントにとって依頼しやすい人は、メールや電話のレスポンスが早い人が多いものです。クイックレスポンスは、簡単そうで意外と難しく、その人の仕事に対する意識が明確に伝わる行為です。いつでも即相手からの問いかけに応えられるわけではありませんが、今すぐ回答できないならいつまでに回答できるのかについて連絡しておくことが大切です。レスポンスが早い人だと認識されると、困った時に頼ってもらいやすくなるため、結果として仕事が増える場合もあるでしょう。

120%の成果を目指す人

仕事を依頼する側は、求めていることに対して100%の状態で納品されることを期待します。そこで期待を上回る成果が提示されると、クライアントはとても喜びます。求められている以上の成果を出すコツは、120%のクオリティを目指すことです。100%を目指せばそれ以上にはなりませんが、目標を高くすることによって全体のクオリティを引き上げることができるのです。良い仕事をする人だと認識されれば、そのクライアントとの取引が続くだけでなく、他のクライアントを紹介してもらうことにもつながります。成果に対して適正な報酬を支払おうとするクライアントなら、期待を超える報酬を支払ってくれることもあります。そうしていくうちにお互いの信頼関係が強固なものとなり、仕事の質がどんどん良くなっていくのです。
ただし、できるだけ安い単価で120%の成果を期待するクライアントならば、その後の取引は遠慮したほうが身のためです。

クライアントの意図を読み取る人

継続的に仕事を依頼される人は、クライアントの要望を正確に読み取ります。何を目的としている依頼なのか、どんな効果を期待しているのかは、クライアントの話によく耳を傾けなければわからないことです。提示された情報からでは全貌がわかりにくいようなら、意図がわかるまでしっかり認識をすり合わせていく必要があります。

指示待ちではなく意見を出せる人

クライアントの指示通りに動くことは大切ですが、指示待ち人間になることを期待されているわけではありません。指示する側の認識が曖昧だったり、矛盾していたりするのはよくあることなので、ただクライアントの発言を聞き取るだけでは期待通りの成果が出せない場合があるのです。おかしい部分を発見したら、自分で曖昧に理解せずしっかり確認をとりましょう。そうすることでクライアント側も間違いに気づけるので助かります。もしもっと良い方法があるならば、「〇〇のような方法もありますがいかがでしょうか?」と提案してみましょう。受け身の姿勢で臨むより、一緒に考える姿勢があったほうがクライアントは安心します。意見を好まないクライアントもいるのでケースバイケースですが、質の高い仕事をしたいなら意見を言い合えるクライアントとの信頼関係を築いたほうが後のためになります。

特集

  • コワーキングスペースの活用を
  • フリーランスの強い味方「エージェント」
  • 事務処理におすすめのツール