理想とはかけ離れた厳しい現実

理想とはかけ離れた厳しい現実

フリーランスの知られざる現実

業務を徹底的に効率化してバリバリ働こうと意気込んだものの、いざスタートしてみると厳しい現実にぶつかってしまうフリーランスは大勢います。フリーランスになりたい気持ちが強ければ強いほど、フリーランスの魅力にばかり目がいってしまいがちですが、ほとんどのフリーランスがぶつかってしまう現実を直視しておくことも大切です。

仕事がないという現実

稼げるスキルがある人でも、仕事がなくて困窮することがあるのがフリーランスの現実です。会社員なら営業が仕事を取ってきてくれるところですが、フリーランスは自分で営業しなければならないからです。営業が苦手だからと待ちの姿勢でいても仕事は入ってきません。会社員時代に築き上げた人脈を頼りに仕事を獲得できたとしても、継続するためには営業努力が欠かせません。営業努力をすれば必ず報われる保証はどこにもなく、営業をやってもやっても仕事がない状況は十分にあり得ます。

仕事を受けすぎてしまうという現実

仕事がない現実に矛盾するようですが、仕事がないことへの恐怖から仕事を受けすぎてしまうのもフリーランスにありがちなことです。ひとりでできることには限りがあるにもかかわらず、クライアントから見限られるのが怖くて仕事を断れなくなってしまうのです。結果として、休日や睡眠時間を削ってでも仕事を詰め込むことが習慣化し、少しの空きでも不安になってしまいます。仕事量が多すぎると仕事の質が落ちてしまうので、結果的には誰にとってもメリットのないことなのですが、それに気づいた頃には遅いことも少なくありません。本来なら余裕を持って働くのが自分にとってもクライアントにとっても利益になることですが、そこが見えなくなってしまうフリーランスがとても多いのです。
さらに悪いことに、低単価のスパイラルにはまってしまうフリーランスがいる現実もあります。低い単価でも高いパフォーマンスを求められ、ほとんどボランティアのような仕事をしているフリーランスもいます。低単価の仕事ばかりを多く受けすぎてしまえば、休む暇もお金もない苦しいだけの生活になってしまいます。

休みがないという現実

フリーランスになれば好きな時に自由に休めるはずだったのに、いつも休み返上で仕事に追われているというフリーランスは意外と多いものです。仕事を受けすぎている場合もあれば予想以上に案件に時間がかかっている場合など、休みが取れない理由は様々です。有給休暇もなければ公休もないので、休むかどうかは自分の気持ち次第というところもありますが、休みと決めたはずの日にもつい仕事に手をつけてしまうのがフリーランスの現実だったりするのです。

特集

  • コワーキングスペースの活用を
  • フリーランスの強い味方「エージェント」
  • 事務処理におすすめのツール